HOME»宮崎県看護師 » 保育園看護師ってどんな仕事?

「保育園看護師」とは、2007年に厚生労働省が私立保育園への配置制度を促進し始めましたが

ニーズは高まりつつあるものの、まだ歴史も浅いために認知度も低く

仕事内容や関わり方、立ち位置、園の体制などの課題が多いのが現実です。

では「保育園看護師」とは、どういう仕事なのでしょうか?

保育園看護師は園内において、園児や職員の健康管理責任者であり

突発的な病気や怪我への対応、園児の保護者への健康指導や、毎月の保健だよりの作成などです。

それに加え、保育士のサポートとして園児の世話や遊び相手などにも及びます。

保育園看護師と病因勤務の看護師との大きな違いとしては「残業が少ない」「夜勤がない」です。

多少の残業はありますが、病院と比べるとかなり少ないので

スケジュールも立てやすく、家庭との両立もしやすいと言えるでしょう。

保育園看護師は、基本的に1施設に1人の配置になります。

看護師求人宮崎 その7 医療法人社団 誠友会南部病院 宮崎県宮崎市大字恒久891-14

病院と違い、指示に従って行う業務ではなく、全てが自分の責任と裁量での仕事になります。

例えば、園児が突発的に発熱した場合、

保護者に迎えに来てもらうのか、すぐに病院に連れて行くのか、園で少し様子を見るのか・・・

その判断をするのは保育園看護師ですので、大きな責任感と判断力が必要です。

子供好きの看護師にとっては、やりがいのある職場だと言えるでしょう。

«
»