HOME»宮崎県看護師 » 救急救命士になるには、救命士の仕事どんな?

救急救命士は救急車に同乗して搬送している間に限り、医師の指示のもと救急救命処置を行えます。

かつては救急隊員の医療行為は一切禁止されていましたが、平成3年に救急救命士法が出来たことで

救急救命士の資格があれば救命処置を行うことが出来るようになりました。

一刻を争う場合は数分が命を左右したり、処置が遅れることで後遺症が残ることもあるため

特定の器具を使った気道の確保、静脈瘤の確保、心肺停止時の薬剤の投与などを行い

救命率の向上と応急処置の充実を目的としています。

ただし、医師の指示ではなく、救急救命士の判断で処置をすることは禁止されています。

命の最前線に立ち、患者さんの生死に関わる場面も多い状況の中で

救急救命士には、医療の専門知識や技術はもちろんですが

的確な判断力、迅速な行動力、強い精神力が必要になってきます。

看護師求人宮崎 その3 迫田病院 宮崎県宮崎市城ケ崎3-2-1

救急救命士のほとんどが所属は消防署になります。

救急救命士の資格を持つ消防官(地方公務員)で、1日24時間勤務して2日間休みという勤務体制です。

出動指令のない待機中は、救急車の点検や機器の整備や在庫確認、

報告書の作成や講習の準備などのデスクワークも行います。

小中学校で、応急処置などの指導を行うなどの仕事もあります。

消防隊のような力仕事はありませんが、仮眠中でも出動指令があったりと睡眠のリズムも乱れがちなので

日頃からの体力づくりとバランスの良い食事を心掛け、心身ともに健康であることが大切です。

«
»