HOME»宮崎県看護師 » 病気の時の食事

病気の時の食事、お勧めの食べ物を紹介します。

子供の頃、病気になった時に何を食べさせてもらいましたか?食が豊かでなかった時代には、まず体力をつけるために卵を食べさせたといいますね。身体を温める目的も加えて、たまご酒を子供にも飲ませた、と聞いたこともあります。時代が下がると、病気の時にしか食べられない果物、リンゴのすりおろしや桃の缶詰、メロンなどが登場します。近年ではイオン飲料水は当たり前で、ゼリーやヨーグルトが果物に取って代わっているのではないでしょうか。
子供の頃、病気の時だけ食べさせてもらったもの、それは、やさしく看病された思い出と共にあり、特別な食べ物になりますね。
さて、ここでは病気の時にお勧めの食べ物を紹介していきます。糖尿病や腎臓病など、特別な疾患を持つ方に対してではなく、ごく一般的な病気の場合についての内容ですのでご了承ください。
日本で病人食といえば、断然おかゆです。しかし、実はおかゆは、それだけでは消化が良いとは言えません。梅干しを添えることで、病人食として成り立つ食べ物です。うどんやにゅうめんは、食物繊維が少なく、お勧めです。いつもより少し薄味にしたすまし仕立てでいただきましょう。具無しの茶碗蒸しも良いですね。冷たい牛乳は良くありませんが、温めた牛乳は消化が良くなります。栄養価も高いので、パン粥にしてもいいかもしれません。お豆腐も、温めていただくようにしましょう。

看護師求人宮崎 その11 セントケア九州株式会社セントケア訪問看護ステーション宮崎 宮崎県宮崎市祇園3丁目190番地

少し食欲が出てきたら、おじやや野菜スープの登場です。野菜は繊維の少ないものを選びます。ジャガイモやカボチャやニンジン、ホウレン草やキャベツの葉先などを柔らかく煮ます。いつもより丁寧に火を通しましょう。卵を使う場合も、きちんと火が通るように気を付けましょう。脂肪分の少ない白身のお魚も、消化は悪くありません。単調な食事内容になりがちですから、食べられるようなら取り入れましょう。お味噌を使うときは味噌漉しで必ず濾して、薄めに使いましょう。
体調の悪い場合の果物といえばリンゴが王道ですが、バナナも消化が良く栄養価も高いのでお勧めです。
消化の良いものを挙げましたが、食欲のない時に無理して食べる必要はありません。反対に食べたい物なら、身体が受け付けるのであれば食べてよいと思います(明らかに消化の悪いものや刺激の強いものはやめてくださいね。ニラやニンニク、脂肪たっぷりのお肉などです)。
余談ですが、のどの痛い時は食後にうがいをし、のどを清潔に保つように心がけましょう。

«
»