HOME»未分類 » 看護師がなかなか有給休暇を取れないのは・・

看護師がなかなか有給休暇を取れないという実情は、消化率にあらわれています。

特に、病院勤務の看護師は、慢性的な看護師不足の影響も大きく

「有給休暇を取れる雰囲気じゃない」というのが現状です。

有給休暇は、半年以上勤務すると10日間もらえ、その後は1年毎に日数が増えていきます。

厚生労働省によると、日本の労働者の有給休暇の取得日数は50%弱に留まっているとのことです。

それは、看護師も同様で、2013年の「看護職員の労働実態調査」によると

有給休暇の取得日数は平均8,86日で、10日以上は44,5%、5日以下は31,4%、

全く取れなかった看護師も3,3%という結果が出ています。

看護師求人宮崎 その10 医療法人社団孝尋会 上田脳神経外科 宮崎県 宮崎市 大字本郷北方2703

全体の有給休暇の取得率は46%で、使わなかった有給休暇は翌年に持ち越せますが、

結局は消化せずに失効してしまう看護師がほとんどです。

有給休暇は労働者に認められた当然の権利なので、雇用者は申請を拒否することはできません。

しかし、病院によって「有給休暇は月に1日まで」という風習があったり、

シフトの都合上、希望の日に取れないということもよくあります。

「周りに迷惑をかけてしまうから」という考えから、有給休暇を申請出来ない看護師が多いようです。

«