HOME»宮崎県看護師 » 看護師の一日の仕事、長い一日

看護師の一日の仕事、長い一日

〇情報収集

出勤してから最初に行うのはパソコンなどを用いての情報収集です。多くの看護師は早めに出勤して情報収集のための時間を確保しています。主に30分前後の時間を情報収集に割きま
す。日勤も夜勤も変わりません。

〇申し送り

日勤の場合は夜勤から、夜勤の場合は日勤の、主にリーダーから申し送りを受けます。ただし、病院の規模や看護師の人数によっては「日勤」「夜勤」の他に中間の勤務時間の場合があ
るのでその限りではありません。各勤務時間のリーダーは事前にメンバーから報告を受け、情報をまとめておきます。主に朝礼の形を取ります。

〇バイタルチェック

引継ぎが終わって最初の業務はバイタルチェックです。ベッド周りの掃除や環境整備も兼ね、全室を回ります。バイタルチェックが終われば患者さんのケアや点滴などを行います。休
憩までの2~3時間をかけて行います。

〇食事休憩

勤め先にもよりますが、昼食もしくは夕食の前後の2回に分け、早出勤務の人が基本的に先に食事休憩を取ります。休憩していない方は、患者さんの食事のお世話をします。夜勤の場合、
人数自体が少ないのでまとめて取る場合もあります。仮眠を取る場合もあります。

〇カンファレンス

昼礼のような形を取り、情報交換などを行います。夜勤は人数が少ないので食事の際に情報交換をしたりする場合もあります。

〇ラウンド

休憩後は再び患者さんのケアを行います。点滴や保清、ガーゼ交換などを行います。夜勤であれば、寝ている患者さんの体位の変更も行います。食事前のインスリン注射を新人の看護師
が行う場合もあります(先輩看護師のチェックを受けながら)。

〇記録・報告

1日の業務内容を記録します。また、申し送りのためにリーダーに報告を行います。リーダーは、その情報を整理して申し送りをします。

«
»